コラム 実用WEBデザイン

82views!

投稿日 : 2017年10月30日

タグ :

ネットショップで売上を上げる リピーターの存在

いい買い物の日

こんにちは!株式会社イメージデザイン 楽々通販2サポート 中山です。
Yahoo!さんはテレビCMで11月11日に行うイベントを強化していますね。
新規のお客様をGetする機会ですので、ぜひ活用しましょう。

もちろん、ご新規様だけでなくリピーター様にも来ていただきたいですよね

リピーターは勝手に増えない

当たり前のことと思っていただけるのではないかと思いますが、リピーターさんはショップからのアプローチがなければ増えることはありません。

私自身も楽天市場やYahoo!で買い物をしますが、追客をしてくるお店が非常に少ないです。
その結果、「あの時買ったお店ってなんだっけ、、、」と、なり。商品検索をしてしまうので別のお店で買うことになることが頻繁にあります。

覚えていたいお店になる

お客様は正直者です。魅力を感じないお店を思い出すことはきっとないでしょう。
ですから、

  • 「あのお店はとても親切だ」
  • 「あのお店の商品は魅力がある」
  • 「いつも役に立つ情報をくれるのはあのお店だ」

と、感じてもらえるお店になることが重要です。
その為には、1度目の購入から商品が届くまでのフォローで「あのお店はいい商品を売ってくれた。」「あのお店は特別だ」と感じてもらうアフターフォローが大事です。

リピートにはきっかけが必要

飲食店や洋服店で「いい店」と思っているけど、足が向いていないお店はありませんか?
折角サンクスメールやフォローメールでお客様の印象に残ったにもかかわらず、その後のアプローチをしていないお店、、、まだまだありますね。
販売後、好感触なお礼をもらったのにもかかわらずしばらくお客様から連絡がない。
それ、もしかしたら忘れられてしまっているのかもしれません。

「いいお店」と感じていただくことは前提ですが、それだけでは売上につなげることはできません。
リピート客を作るためには、「来店の切っ掛け」を用意してあげる必要があります

まずはメールマガジンでイベントをちゃんとお伝えしましょう

折角いい印象を持ったお店でも、時間がたつにつれて記憶から薄れていきます。
そこで、「店舗独自イベント」や「季節イベント」を使った案内が有効です。

特に、季節性のイベントは相手にとって受け入れやすいものですから、開催しない手はありません。

年間計画も立てやすいですよね?

イベントの年間計画

まず導入しやすいものは、「季節イベント」です。
1月から12月まで、日本では様々なイベントが目白押しです。
例えば1月であれば新春。2月3月であれば新入・進級。節分やひな祭りもありますね。
4月はゴールデンウィークの準備や春のアウトドア…と、季節に合わせたイベントがたくさんあります。

自分たちは季節イベントにどんな形で参入できるか。これを考える事で、イベントの方向性や既存のお客様にメールを送ることが可能になります。

周年イベント店舗オリジナルイベントを演出

開業、出店、○周年記念や、開業記念日イベント。といったオリジナルイベントでお客様に楽しんでもらう事もできますね。

リピーターになったお客様には特別なフォローを

折角お客様が2度3度とお越しくださっているに、新規の頃と同じメールでは味気ありません。
例えば

○○様
今回も当店でご注文いただきありがとうございます

という文章から始まっていたらどうでしょう。
メールというメディアは1to1です。特別感が演出できそうじゃありませんか?

モールやショッピングカートシステムをご利用の方で多いのが、テンプレートメールをそのまま使っているお店です。

フォローメールとメールマガジン・イベントを使って、ご新規様をお得意様に変えていきましょう♪

最後まで読んでいた抱いたあなたに!いい買い物の日バナープレゼント

2017年11月いい買い物の日バナー
jpg
素材をダウンロード

楽々通販2

受注管理から顧客管理まで
ネットショップの一元管理は楽々通販2

関連記事