コラム 実用WEBデザイン

103views!

投稿日 : 2017年8月28日

タグ :

転換率UP! スマホユーザの今を知る!

転換率UP!

こんにちは!イメージデザイン 楽々通販2サポート担当の中山です。

前回は、おもてなし設計の中から 各おもてなし機能をお伝えしました。
やはりユーザさんには安心してご購入していただきたいですね。

さて、今回はECにおけるスマートフォンの現状をお伝えします。

スマートフォンのおもてなし

総務省発表の平成29年「情報通信に関する現状報告」では、スマートフォン の所持が、全世代平均70%を超え、より身近になりました。
また、そうなるとインターネットがより身近になり、ECに触れる場所もパソ コンからスマホへと移行しています。
おもてなし設計の前に、まずスマホの現状を確認しましょう。

年々増加するスマホユーザ

先ほどの総務省発表ではスマホでの消費額はEC全体の約30%となっています。
消費金額でみると【30%】と低く見えますが、あくまで消費額です。

ショップを運営している方なら、体感的にスマホでのアクセスが多い。事は ご理解いただけているでしょう。

実際、スマホでのECアクセスは70%を超えています。モールに出品・出店な さっている運営者様は「モールで提供されているから大丈夫」と思ってしま いがちですが、あくまで提供されているのは最低限です。

プラスアルファのおもてなし設計を行いましょう。

調査会社ニールセンの調査によると、スマートフォンのアクセスは男女とも に約50%(女性:51.6% 男性:48.4%)となっています。

しかし、閲覧時間は女性の方が1.5倍男性に比べて長く、ECページをしっか り見ていると考えられます。
更に、10代~30代の女性は60%以上のスマホ利用率ですので、

  • 若年層
  • 女性

をターゲットとしたショップの場合、スマホ化は早急に進める必要があると 思います。

対して、男性はスマホでのアクセスもありますが、パソコンでもしっかりと アクセスがあります。

今後、スマホでのアクセスが主流に移行すると予想されますが、パソコンサ イトも気が抜けない状態です。

自店舗に合ったプランを考える

さて、上記のような情報をお伝えしたうえで、しっかり把握していただきた
い事が1つ。

【あなたのお客様は誰ですか?】

ここまで散々スマホについてお話ししましたが、サイトを作る(リニューア ルする)にあたって重要なことは、自店舗のお客様へしっかりと伝える事。

例えば、パソコンでのアクセスが多い40代男性が主なターゲットなのに、ス マホページを先に作る事は親切ではありません。

自社のお客様にあったページ作成をしていきましょう。また、スマホページだけ。パソコンページだけ作ればいい。と、いうわけではありません。

両方大切です。ただ、どちらを優先して強化するかは決めておきましょう。

 

今回は、スマートフォンの現在をお伝えしました。
思ったより多かったですか?それとも少なかったですか??

スマホ最適化は今後避けられない課題です。
スマホサイトは、スマホで見えることが目的ではありません。利用してもら う事が目的です。

次回は【離脱防止。スマートフォンページのおもてなし設計】を、お伝えし ます。

関連記事